♯025 「誤解」

  • 2016.03.01 Tuesday
  • 18:01

不用意なオナラは、誤解のもと。

♯025 「誤解」




はっきりとした言葉で言っておいて、問題発言ではないかと指摘される大臣は、一人や二人ではありませんね。議員もそうですが。
指摘されるやいなや「言葉足らずで…」とか「誤解を与えたとしたら…」などと平然と弁解。

言葉は、思ったり考えたりしているからこそ口に出るものであって、逆にそうでなければ言葉にできるはずがありません、
言葉は、その人の思考回路を経てうまれ発言に至るものと、わたしは確信しています。
とまれ、「誤解を与えたとしたら…」という言い訳は、発言に責任を有する立場の人が発する言葉ではないはずです。

誤解とは、意味をとり違えること、間違った理解をするという意味でしょ。
となれば、聞いたあなた(つまりは、わたしたち)の理解する能力が劣っているということになる。なるほどね、誤解したわたしたちがいけないわけです。

不用意な発言をしておいて(真意、もしくは意図的かもしれないけど)、挙げ句に、「…だったら撤回します」と言いだす始末。これも深刻な事態ですよ。

「誤解されたら、撤回します」で、軽く簡単に片付くものなのでしょうか。
出したものを引っ込めたら言わなかったこと、聞かなかったことになるのなら、こんなにも無責任な展開はない。
だって、オナラがそうでしょ。引っ込みがつきますか?
匂いは、周りを不快にしているのですよ。そこで、「わたしのオナラが嫌な思いをさせてしまったのなら、撤回します」というやり口が平気でまかり通ることになる。まあ、人間性が問われますが。
大臣たちの誤解と撤回発言も、オナラの例えが臭いほど当てはまるわけです。

あっ、でもね、この例え方だと誤解を与えてしまいそう。
もしもそうだとしたら……いつでも撤回いたしますので。わたくし。



 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

言葉の揚げ足取り

近ごろ気になる言葉遣い。 よしときゃいいのに、お節介。

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM