♯029 「大丈夫」

  • 2016.09.09 Friday
  • 18:42

 

政治は、大丈夫でしょうか?大丈夫さん。

 



♯029 「大丈夫」

それはそれは残暑厳しい真昼のこと。
鎌倉の鶴岡八幡宮の門前に構えるそば屋に倒れ込むように暖簾をくぐり、席に着くなり茶そばを注文したのです。
愛想のよさそうな仲居さんは、私の様子を案じてか「ご注文は、茶そばで大丈夫ですか」と問いかけてくれ、「はい、お願いします」と応えると、すかさず「お飲みものは、大丈夫ですか」と、汗だくの私を見て声をかけてくれたのでしょうね。

違う。
私に対してだけでなく、仲居さんたちは、お客の一人ひとりに「〜は、大丈夫ですか」「大丈夫ですか」と問いかけているではありませんか。
大丈夫(だいじょうぶ)の用法がどうも違うようなのです。鎌倉では。

意味は、・しっかりしているさま、あぶなげのないさま、と『広辞苑』。
『新明解国語辞典』は、もっと丁寧です。・何かに対処できる条件が十分で、危険や万一の心配がない様子、・よい結果になることを請けあう様子、とあります。

違う。私の状況を心配しての“大丈夫”ではない。
妻に“大丈夫”の用い方に違和感有りと話すと、最近のサービス業では、この「〜は、大丈夫ですか」用法がはびこりつつあるということなのです。
「〜は、よろしかったでしょうか」と同じ意味あい(この用法にも違和感有り)のようです。
これは一大事ではありませんか。軽々と“大丈夫”が“よろしかった”的に使われてしまっては、日本語が大丈夫じゃない。
例えばですよ、「いまの政治で、大丈夫ですか。」と問うた場合、いまの政治でよろしかったでしょうか、と他人事のようにしか受けとられかねない。
さらに、大地震による原発問題などの“いざ鎌倉”の出来事の心配や危機感がしっかりと伝わらないではありませんか。

ちなみに、大丈夫(だいじょうふ)と読むと、立派な男子の意味なのですね。反対語は、小丈夫。
で、いまの政治は、大丈夫による大丈夫なものなのでしょうかね。それはそれは心配です。


 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

言葉の揚げ足取り

近ごろ気になる言葉遣い。 よしときゃいいのに、お節介。

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM